2011年12月に竣工。全368世帯の「横濱紅葉坂レジデンス」

2011年12月に竣工。全368世帯の「横濱紅葉坂レジデンス」

東日本大震災から2年が経った2013年3月。神奈川県横浜市の大規模マンション「横濱紅葉坂レジデンス」管理組合様からご要望をいただき防災イベントを開催しました。


イベントの開催にあわせ防災に関するパネルも設置

イベントの開催にあわせ防災に関するパネルも設置

この春、独自の防災マニュアルを作成した「横濱紅葉坂レジデンス」。マニュアルの配布にあわせてマンション居住者様の防災意識をさらに高めようと企画されたのが今回のイベントでした。

防災設備ツアーでは、マンション各館に備えられた免震装置などを見学。専門家による地震防災セミナーでは、マンション防災についての講演が行われました。


いざという時に備え、住まいの防災設備を把握する「防災設備ツアー」

約1時間30分のツアーでは、マンションの主な防災設備をめぐり、それぞれの設備の機能や使い方、注意点などをご説明しました。消火栓や受水槽設備、備蓄倉庫などを見学しながら、クイズ形式の防災レクチャーも実施。居住者様からのご質問も多く寄せられました。

免震装置を見学

免震装置を見学

ツアーのハイライトとなったのが、免震装置の見学でした。日頃はなかなか足を踏み入れられない場所にある設備だけに、居住者様も興味津々のご様子。免震ゴムや、地震計測を行う「けがき」を実際に目にすることで、マンションに備えられた防災設備への理解を深めていただきました。


防災セミナーではマンション防災に特化した実用的なノウハウをご紹介

防災意識の高いマンション居住者様約70名が参加

防災意識の高いマンション居住者様約70名が参加

設備ツアーとあわせて、危機管理教育研究所代表の国崎信江氏を講師に迎えマンション内のコミュニティルームで防災セミナーを開催。約70名の居住者様にご来場いただきました。

冒頭では最新の調査結果をもとに、巨大地震発生の可能性や被害の予測をご説明。過去に横浜を襲った災害の歴史や、「横濱紅葉坂レジデンス」が位置する横浜市西区の立地特性を交え、いつ訪れるかわからない大災害に対する心構えについてお伝えしました。

また、東日本大震災発生後の被災地の現実について、支援物資のことや、避難生活のこと、災害発生時の治安のことなどもお話いただきました。国崎先生が強調されていたのは、免震装置を備え高い防災力を持つマンションだからこそ、災害発生後マンションに滞まって 生活できるための備えが大切であること。小さなお子様連れの方も多く見受けられた会場では、熱心にメモを取る方の姿も目立ちました。

「豊かに暮らすためのマンション防災」をテーマに行われた講演では、家具の固定方法や安全なインテリアの選び方、滞留生活に必要な備えなど、マンションライフに特化した具体的な防災ノウハウをご紹介。避難経路を確認しておくことやマンションの防災設備を把握しておくことの重要性を語っていただきました。

「横濱紅葉坂レジデンス」団地管理組合様のご感想

理事長・播村政幸様のコメント

理事長・播村政幸様災害発生時にはマンションの管理組合や自治会が手を取り合って助け合うことがなによりも大切だと考えています。「横濱紅葉坂レジデンス」は竣工わずか1年。防災対策は長い時間のかかる取り組みだと思っていますが、今日はその第一歩になったのではないでしょうか。

防災設備ツアーとセミナーの聴講者を合わせると、今回のイベントでは、約3分の1の世帯の方が集まりました。ツアーでは普段入ることのできないところにある免震装置の見学などが特に評判でしたし、セミナーは防災意識の大切さをあらためて気づかされる内容。今日、防災への想いを新たにされた方々が、他の居住者の方に少しずつでも広めていってくださることで、防災を通じたコミュニティが醸成され、マンションとしての防災力を高めていければと思います。

副理事長・小林様からのコメント

私たちのマンションは建て替え物件なので、建て替え前から住んでいる比較的ご高齢の世帯から、建て替え後に新たに入居したファミリー世帯・DINKS世帯まで、様々な属性の方々が住んでいます。年齢層や関心事は各世帯バラバラですが、「防災」という全世帯共通のテーマを通じてコミュニティ形成を促進することができればと思い、今回の防災イベントの実施に至りました。

今後は、国崎先生の講演にもあった通り、実際に避難はしごを使った避難訓練なども重要だとあらためて感じています。9月の防災訓練シーズン頃をめどに、次の防災イベントを計画していきたいと思います。

副理事長・関根様からのコメント

防災設備ツアーでは、普段目にすることのない免震装置などを実際に見て感動されている参加者の姿が印象的でした。今日のイベントが、居住者の皆さんにとって防災意識が高まるきっかけになったことを実感しています。

今回集まって下さった方はすでにマンションの中でも比較的防災意識の高い方であり、今後防災に取り組んでいくなかで、中心的な役割を担っていただける方と言えるかもしれません。そういう方々とあらためて顔を合わせることができたという点でも、今回のイベントには意味があったと思いま す。


関連情報