マンション居住者同士が助け合うための「共助」

「共助」こそマンション居住者にとって最大の自衛手段

マンションは同じ建物にたくさんの人が集まって住んでいるというメリットがあります。万が一のとき、同じマンションに住んでいる人同士で助け合って行動できれば、これほど心強いことはありません。

阪神・淡路大震災では、救助が必要になった約35,000人に対し、全体の約8割が近隣住民などによって救出されました。大災害の発生時、消防など外部の支援を待つだけではなく、すぐに対応することが求められます。マンション全体での救助活動が迅速にできるよう、ルールを定め居住者が内容を理解しておくことが重要です。