家具固定のポイント

大きな地震が発生すると、部屋の中にある家具が横に揺れたり、すべり出したりしますが、実は揺れているのはマンションの方で、家具は止まった状態を保とうとします。この状態のとき、家具の重心が上にあると大きく揺れ、転倒しやすくなります。

さらに周期の長いゆったりした地震の場合、高い建物は地面の揺れに合わせて共振し、高層階ほど振幅が大きくなるので家具の動きも一層大きくなります。倒れた家具の下敷きになったり、避難動線をふさがれてしまったりしないよう、家具の大きさやタイプにあわせた固定を行うことが必要です。

冷蔵庫の固定

冷蔵庫など背の高いものは、耐震ゲルマット式固定具を使い、上部を固定しましょう。

食器棚の連結固定

食器棚など上下でわかれている家具は連結用シートを貼って、固定します。

電子レンジの固定

電子レンジなどの家電製品はすべり止めを敷いたり、足の部分を粘着ゲルで固定したりしましょう。

壁に穴をあけない固定方法

L型金具のねじ固定には、家具と壁面に強度が必要。壁面に下地が入っていない場合は使えません。
壁に下地がない場合や、壁や家具に穴をあけたくない場合は、粘着ゲルタイプの家具固定グッズを利用するのがおすすめです。粘着ゲルタイプでも大型の家具に使えて、震度7相当にも耐えるものもあります。
※マンション共用部にあたる壁面に穴をあける場合は管理組合への届け出が必要になります。

ゲルマット

薄型大画面テレビや冷蔵庫など大型家電の転倒防止に使えるタイプもあります。

薄型大画面テレビや冷蔵庫など大型家電の転倒防止に使えるタイプもあります。

粘着力の高いゲルマット。はがしたあとも、ノリ残りしないタイプもあります。

テーブルやイスにはすべり止め

床がフローリングの場合、ダイニングテーブルやいすも地震の揺れによって大きく移動する場合があります。
急な地震で思わずテーブルやいすにつかまることもありえます。フェルト製のシートなどを利用し、すべり止めを施しておくと安心です。

>家庭で「今すぐ」できる地震防災【自宅の安全対策】

>【マンションにお住まいの方へ】これだけは備えておきたい防災グッズ一覧

家具配置の見直しや家具固定で避難動線を確保した後は、大地震の際も自宅で生活できるよう、必要なものの備蓄を検討しましょう。
>被災後の生活に備えた備蓄の考え方とは


関連情報