大きな災害が発生し、ライフラインが途絶えた場面を想像すると、トイレのこと、食事のことがまっさきに心配されますが、同時に衛生環境の悪化も懸念されます。特に冬場であれば、さまざまな感染症が流行する時期。各家庭内での事前対策が重要です。

手指衛生の励行とマスクで感染予防対策を

満足に水が使えない状況下、特に心配なのがノロウイルスをはじめとした感染性胃腸炎や大腸菌O-157などです。抵抗力の弱い乳幼児や高齢者などが感染すると、下痢や嘔吐で脱水症状を起こすこともあり大変危険。災害時は医療現場も混乱が予想され、ただちに受診できない可能性もあるでしょう。まずは感染しないための予防対策が肝心となります。

こまめな手洗い・うがいが予防の基本ですが、もし断水をしていて満足に水が使えない場合は、ウェットティッシュや手指用清浄剤を利用し、手指の清潔を心掛け、マスク着用により感染を防ぎます。

<備えておきたい衛生用品>
✔ 除菌タイプのウェットティッシュ
✔ 手指用清浄剤
✔ マスク

上記は市販のものでかまいません。災害用として備蓄しておくのではなく、普段使いのものを少し多めにストックし、使った分だけ買い足すように心掛けるとよいでしょう。

家庭内に感染者が出てしまったときに備えて

ライフラインがストップすると、どうしても清掃が行き届きにくくなります。特に水が使えないことで、各所が不衛生になりがちです。除菌効果のあるスプレー剤などを活用し、室内の清潔を保ちましょう。

ただし、ノロウィルスをはじめとした病原体は、市販の除菌剤では死滅しない場合も。家族に感染者が出てしまった場合(とくに嘔吐時の清掃など)には注意が必要です。市販されている塩素系漂白剤などを用いて消毒をすることも可能ですが、いざという場面で慌ててしまい対処が遅れてしまうことも。抗ウイルス力の高い抗菌剤をあらかじめ準備し、もしもに備えておくとよいでしょう。

<備えておきたい衛生用品>
✔ マスク・ビニール手袋・エプロン(すべて使い捨てのもの)
✔ 抗菌剤(スプレーボトル入り)

careme_250「e-mansion life」おススメ商品のご紹介

抗菌・消臭スプレー(G2TAMα プラス 250ml)

大豆アミノ酸が主成分の抗ウイルス・抗菌・消臭スプレー。高い安全性を確保しながら、ノロウイルスやインフルエンザウイルス、大腸菌O-157などへの抗ウイルス・抗菌力を実現。衣類や布団、キッチン回りなどの除菌・消臭用として気軽に利用できる一方、吐しゃ物などの処理にも活用でき、幅広くご活用いただけます。


関連情報