住民の命を守るための「安否確認」について

今回はマンション内での“安否確認”についてお伝えします。


震災時、何よりも重要なのが「住民の命を守る」ことです。
安否確認は、人命救助を行うために重要な活動です。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■1:安否確認を行うために決めておくこと

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


いざというとき、迅速に安否確認を行うためには、
事前にいくつかのルールを決めておく必要があります。
その内容と手順をご紹介します。


▼ステップ1 安否確認情報を何に活用するのか考える
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 どのような情報を収集し、どのように活用するのか
 具体的なイメージを持つことが重要です。


 「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  【活用イメージの例】

  ●例A:収集した安否確認情報を元に救助活動を行う

  ●例B:安否確認情報と共に支援が必要な住民の情報も収集し
      救助活動と要援護者の支援を行う

  ●例C:収集した安全確認情報を元に救護・生活支援に必要な
      物資の数量を算出する


 ここで考えた具体的な活用イメージを元に、どんな情報が必要で、
 どのように運用していくのかについて考えることが大切です。


▼ステップ2 安否確認の実施方法を考える
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 次に、マンション内の安否確認をどのように行うのかを検討します。
 その際、お住まいのマンションではどの方法がより実現されやすいか
 規模や居住者属性を踏まえて考えましょう。


 「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  【住民に行ってもらう安否表明の方法】


  ●例A:安否ステッカー(又はマグネット)を住人が各住戸ドアに
      貼って安否表明をする

   利 点⇒ 一目で判別できるため、効率的に安否確認を進めることができる
   懸念点⇒ 事前の周知、住民の協力が必要
        誰がみてもわかるような形で開示するため、防犯上のリスクあり


  ●例B:マンション内の規定の場所に集合して、
      集合者内の安否確認をする

   利 点⇒ 不安な中、まずは集合したいという人間心理から共感を得やすい
   懸念点⇒ 集合できるスペースが必要


 「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  【安否確認情報をとりまとめる主な担当者の決め方】


  ●例A:防災担当者(理事会役員など)がマンション全体の情報を確認

   マンション内の安否確認情報を取りまとめる担当者が明確になるという
   メリットがあります。ただし、担当者が不在となることもあり得るので
   複数名の代替え候補を決める必要があります。


  ●例B:各フロア又は各ブロックの責任者が分担して実施

   大規模マンション、タワー型マンション、複数棟マンションなど、
   安否確認対象戸数が多い場合、このような形が妥当です。
   フロアやブロックごとに安否確認を行うことで、情報共有や救護活動も
   行いやすくなります。


今回は安否確認の方法や収集した情報の活用についてご紹介いたしました。
次回は、実際に防災訓練で試してみるなど、マンション内でいかに周知し
いざというときに備えるかのヒントやアイデアをご紹介いたします。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■2:マンションの“安否確認”についてお聞かせください!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


「マンション防災通信」では、皆さまのお住まいのマンションでの
防災対策に関する情報をお待ちしています。
今月のアンケートテーマは「安否確認」です。


※アンケートは終了しました。

アンケートの結果やお寄せいただいたエピソードなどは、
当メールマガジン「マンション防災通信」や当社運営のWEBサイト
などで、随時ご紹介してまいります。


たくさんの皆さまのご参加をお待ちしております。

関連情報