安否確認ルールのマンション全体への周知について

前回は、マンション内で“安否確認”を行うために、
事前に決めておくべきルールについてお話しました。


今回は、いざという場面で確実に安否確認を行うために実施しておきたい、
マンション全体への周知についてお話しいたします。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■1:防災訓練で安否確認ルールの周知と検証を行う

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


安否確認の目的や実施ルールが整ったら、次はそれを、
どのようにマンション全体に周知するかが課題になります。


安否確認は居住者各人の協力なくして機能しません。
事前のルール周知と、たくさんの方の参加意識が必須です。
そのために、マンション全体で行う「防災訓練」を
積極的に活用するのが効果的です。


また、なにかルールを定める時、
そのルールに実現性があるかどうか、
そして望む効果がもたらされるかを試してみることも重要。
訓練での実践演習はそのような検証にも役に立ちます。


それでは、防災訓練で安否確認演習を実施するにあたっての
ポイントを整理してみましょう。


▼ポイント1 検証したい観点を整理しておく
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 防災訓練において、ルール通りに安否確認を実践してみて
 どのような結果になるか、その後の改善に活かすために、
 以下のような観点で検証してみてはいかがでしょうか。


  「安否情報の収集・とりまとめにどれくらい時間がかかるのか」
  「とりまとめ対応には何名くらいの協力が得られそうか」
  「その後の情報更新に対応できそうか」


 上記観点での検証結果を踏まえ、
 必要に応じて内容を修正していくことで、
 より実践的なルールが整っていきます。


▼ポイント2 安否確認に役立つツールを準備する
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 より多くの居住者に協力してもらい、スムーズに情報を収集するために
 ツールの準備も大切です。ここではツール例をご紹介します。


 【安否表明ツール】(各居住者が安否を表明するルールの場合に用います。)

  「安否ステッカー」
   自身の安否状況を玄関扉に貼って表明するためのステッカー。

  「安否確認マグネットシート」
   用途は上と同じ。裏面がマグネットになっていれば、玄関ドアの裏側や
   冷蔵庫に貼っておけるので、いざという場面で使ってもらいやすい。

  「黄色いハンカチ」
   用途は上と同じ。マンション内ルールにのっとって安否表明を行う
   ため、マンション外部者には安否状況を知られにくい(防犯面)。
   色つきのため遠方からの視認性に優れるという効果も。

   ※参考 黄色いハンカチ大作戦 (箕面市)


 【安否情報とりまとめツール】(情報をまとめて共有する際などに用います。)

  「模造紙」
   粘着性のテープなどで壁に貼り、マジックやサインペンで収集した
   情報を随時書き込んでいき、安否確認の情報整理・共有を行う。

  「ホワイトシート」
   静電気により壁などに貼ることができるシート。
   用途は上と同じだが、テープがなくても着脱できるのが便利。
   ホワイトボードのように、一度書き込んた文字が消せるタイプもある。

  「収集する情報を記載できる様式シート」
   安否情報をとりまとめるための記入用紙(表)を事前に印刷しておく。
   表になっていることで、効率的に情報を整理することができる。


以上のように、安否確認ツールひとつとっても様々な選択肢があります。
ただ、本当に役立つ方法がどれなのかは、マンションの規模や特性、
またその時々の状況によっても変わると思います。
様々な状況下での安否確認方法を試し、検証と修正をくりかえしながら、
より実践的な安否確認ルールをご検討いただければと思います。


当社運営のWEBサイト「マンション・ラボ」では、
東日本大震災で被災をし、立ち直ったマンションを取材したレポートを
掲載しています。
地震直後の理事会や管理組合に関して、安否確認についても触れられて
いますので、ぜひご一読ください。


▼マンション・ラボ「東日本大震災から立ち直った被災マンションレポート!」


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■2:安否確認に役立つ機能を装備「Mcloud管理組合支援サービス」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


震災時、インターネット環境が生きていることが前提にはなりますが、
マンション内での安否確認にお役立て頂けるWEBツールを
つなぐネットコミュニケ―ションズにて開発しました!

【主なメリット】
居住者はスマートフォンや携帯電話を使って、いつでもどこからでも
安否情報を報告できます。
また、マンション全体の安否確認状況、ブロックなど構成単位ごとの
安否確認状況、対応が必要な住戸の理由など、最新情報を一覧で確認
できるため、災害対策本部による情報収集が迅速に行えます。

本ツールの詳細については、以下までメールでお問合せください。
m-bousai@tsunagunet.com



関連情報