「平成28年熊本地震」とそれに引き続く地震活動により
被災された皆様に心からお見舞い申しあげます。

先月に続き、防災科学技術の最新研究を行う
「国立研究開発法人 防災科学技術研究所」の取組をお伝えします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■防災レポート:現在の揺れを可視化する「強震モニタ」やアプリ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「防災科学技術研究所」が提供している
Webサービス「強震モニタ」は、現在発生している揺れの情報を
リアルタイムで配信しています。

東日本大震災直後、余震が頻繁だった時期には、
このサイトで揺れを確認していた人も多かったようです。
正確な情報が誰にでもすぐ得られるのは防災上、非常に大切です。

ほかにもAR(拡張現実)を実装したスマートフォンアプリについて
ご紹介します。ぜひご覧ください。

▼防災レポート:「強震モニタ」やアプリを活用
http://tsunagu-bousai.com/report07_03/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■防災レポート:マンション周辺のハザードマップづくり
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

防災科学技術研究所が提供する、
土地のハザード(危険性)診断ができる「地震ハザードカルテ」。

今回は、「地震ハザードカルテ」を活用して、
マンション周辺のハザードマップづくりに役立てる方法を
ご紹介します。

▼防災レポート:マンション防災に地震データを役立てるには?
http://tsunagu-bousai.com/report07_04/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■80名を超える居住者が参加!地震防災セミナーの集客効果
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

大規模マンションでは、防災訓練や防災セミナーを企画しても
集客に苦労するというご相談をよく受けます。

当社で実施した大規模マンション向け地震防災セミナーでは、
テレビ、ラジオで大活躍されている防災の専門家を講師に迎え、
80名の熱心な居住者の方々にご参加いただきました。

生活者視点の具体的な情報が得られたため、
参加者からの質疑応答も非常に盛り上がりました。

下記ページで、地震防災セミナーの様子をご紹介しています。
ぜひ参考になさってください。

▼大規模マンションで専門家による防災セミナーを開催
http://tsunagu-bousai.com/case02/


関連情報