11月22日に福島県沖を震源とするM7.4の地震が発生し、太平洋側各地で津波が観測されました。
5年半前の東日本大震災を想起された方も多くいらっしゃったのではないでしょうか。
気象庁は、今後も揺れが続く恐れがあるとして日ごろの注意を呼びかけています。
改めて、マンションでの地震対策をご確認ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■東日本大震災時にも仙台市で活躍した災害用トイレ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
マンションの災害用トイレの準備は万全でしょうか?

兵庫県南部地震をきっかけに開発された
災害用トイレ「マイレット」は、
被災時の感染症防止についても考慮された商品です。
食中毒などの感染症の原因菌となる大腸菌、アンモニア産生菌、
カンジタ菌、サルモネラ菌およびブドウ状球菌といった雑菌類は
排泄物の中で繁殖します。
「マイレット」で使用している抗菌凝固剤は、
これら感染症の原因となる雑菌類を閉じ込め、菌の繁殖を防ぎます。

詳しくは、「マイレット」の開発会社に取材した記事をご覧ください。

▼災害用簡易トイレ「マイレット」取材レポート
http://tsunagu-bousai.com/report04_01/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■各世帯での備えについても見直しを促しましょう
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
マンション全体での備えを考える際、
各世帯での備えが十分であることが基本となります。
自宅で用意している防災備蓄品が、
いざというとき本当に機能するか、また数量は十分か、
各世帯での確認を促進しましょう。

今回は、マンションのライフラインが停止した想定で
自宅にある防災備蓄品を使った訓練を実施した方の
体験レポートをご紹介します。
各世帯でどのようなものが必要になるかイメージするために
ぜひご一読ください。

▼【マンション・ラボ】あなたの防災備蓄品、災害時に本当に役立つ?
http://www.mlab.ne.jp/columns/columns_20161005/
※マンション・ラボは当社が運営するサイトです。

さらにその体験レポートを、危機管理アドバイザーの
国崎信江氏が防災専門家の視点で評価しました。

▼家庭で行われた一日防災訓練のレビュー
http://www.mlab.ne.jp/columns/columns_20161007/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■各世帯での安否確認についても見直しを!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
毎月1日・15日は各種災害用伝言サービスの無料体験日です。
実際に登録し、伝言を確認するまでを体験するよう、
各世帯にアナウンスしてみてはいかがでしょう。

▼東京都防災ホームページ
災害伝言サービスの体験日(毎月1日・15日)
http://www.bousai.metro.tokyo.jp/bousai/1000028/index.html

災害時には、複数の安否確認手段を持っていると安心です。

当社で開発した防災アプリ「Familoca(ふぁみろか)」は、
スマートフォンにインストールするだけで
登録した家族に安否情報を送信できます。

▼マンション居住者へ防災アプリ「Familoca」(無料)提供中
http://www.tsunagunet.com/info/2016/0901.html

※App store および Google Play にて無料提供中です。
※「マンションへの安否情報報告機能」をご使用いただくには、
 マンション単位でのお申し込みが必要です。
 詳しくはお問い合わせください。

▼お問い合わせはこちら
https://form.tsunagunet.com/enq/form.php?quk=MGW43a

関連情報