2017年5月30日に改正個人情報保護法が全面施行されました。
個人情報の取り扱いについては気にされている方も多いかと存じます。
今回の改正のポイントや、これまでと異なる点について
マンション防災の視点で解説しておりますので、ぜひご高覧ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■個人情報保護法改正とマンション内での災害時名簿の作成
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2017年5月30日に改正個人情報保護法が全面施行され、
マンション管理組合も「個人情報取扱事業者」に当たることになりました。
安否確認のための名簿作成など、これまでも管理組合が居住者の
個人情報を取り扱うことはありましたが、今後はどのような点に
注意すべきなのでしょうか?
マンションの防災にも詳しい、銀座パートナーズ法律事務所の
岡本正弁護士に解説していただきます。

▼個人情報保護法改正とマンション内での災害時名簿の作成
http://tsunagu-bousai.com/20170630/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■マンション内の安否確認をスムーズに行うには?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
つなぐネットコミュニケーションズが提案する安否確認の方法は
以下の2パターンです。

<1>居住者(各住戸の代表者)がマンションのエントランスに集合する
<2>玄関扉に「安否確認カード」を貼付してもらい、災害対策本部が確認する

いずれも、世帯内の安否確認が済んだ後で、世帯単位での安否情報を
マンションへ報告してもらうスタイルです。

この手法を取れば、初動としての安否確認は居住者名簿がなくとも
行うことが可能です。
もちろん、災害時に支援が必要な方からは別途情報を収集しておき
事前にすり合わせた方法で安否確認を行うことができればより安心です。

マンション内での安否確認ルールについては、
当社で作成した基本防災マニュアル「防災パスポート」にも
記載しておりますのでぜひご参照ください。

▼マンションの基本防災マニュアル「防災パスポート」
◎安否確認の考え方(PDF:359KB)
http://tsunagu-bousai.com/wp-content/uploads/pdf/i1.pdf

◎安否確認方法<1>小・中規模マンション向き(PDF:366KB)
http://tsunagu-bousai.com/wp-content/uploads/pdf/i2.pdf

◎安否確認方法<2>大規模マンション向き(PDF:374KB)
http://tsunagu-bousai.com/wp-content/uploads/pdf/i3.pdf

※上記WebサイトからPDFをダウンロードし、印刷してご活用ください。
(無償配付中)


関連情報