マンションの立地や構造、居住者属性などを加味した上で、災害対策本部の組織編成や活動方針などをまとめた防災マニュアルの作成をサポートします。

マンションの防災マニュアルとは

大規模な地震が発生したとき迅速に対応できるよう、安否確認や避難の方法など、マンション全体の行動指針をまとめ、明文化するものです。災害に直面すると誰しも冷静な判断ができなくなるものですが、事前にマニュアルを整えておけば、いざという場面での混乱を軽減することができます。
実効性の高い防災マニュアルを作成するには、マンション個別の状況を理解し、それにあわせたルールを作成することが重要です。たとえば安否確認のルールを決める際、マンションが多棟構成なのか、高層タワーなのかなどの建物構造や、日中に不在世帯が多いのかなどの居住者構成も加味する必要があります。一つひとつのマンションで、必要なルールは変わってきます。

× 防災マニュアルがなかったら…

× 防災マニュアルがなかったら…

設備使用ルールが無いため二次被害が発生したり、役割分担ができず迅速な救助活動ができないなど、混乱が発生。

防災マニュアルがあれば…

○ 防災マニュアルがあれば…

迅速に役割分担を行い、定められたルールに従って安否確認や救助活動が行える。

防災マニュアルを作成するには

マンションの防災マニュアルを作成するにあたり、以下のような項目を検討していきます。

  • 災害対策本部の構成
  • 災害対策組織(本部や各班)の活動内容
  • ブロック編成
  • 地震発生後の活動フロー
  • 安否確認、救助救護活動ルール
  • 建物被害確認ルール

まずは「災害対策本部」の構成や活動組織の人員を検討することで、具体的に検討を進めていくことができます。

マンションでルール化しておきたいこと

マンションで防災マニュアルを作る理由は「ひとりでも多くの命を守ること」です。たくさんの人が集まって住むマンションの強みを活かして、非常事態に陥っている人を救助したり、支え合って被災生活を乗り越えられるよう、安否確認活動などマンション全体で行う防災の手順をルール化しましょう。

安否確認ルール

マンション内の助け合いで最も重要なのが「安否確認」です。マンションで非常事態に陥っている人がいないか、いち早く確認するために、事前に手順をルール化し居住者全員で把握しておくことが大切です。
>安否確認ルールの一例

建物や設備の被害確認ルール

建物や設備の破損状況を確認し、二次被害を防止するために、確認すべき箇所や方法をルール化しましょう。
>その他マンション内でルール化しておきたいこと

このように、マンション全体で守りたいことをルール化し、防災マニュアルで明文化します。
また、居住者が普段あまり意識することのない、エレベーターや非常階段など各設備の仕様やマンション外への避難ルート、消火設備や備蓄品の場所と使い方なども防災マニュアルに記載し、いざというときに備え全員に周知しておきましょう。
建物や設備の被害確認ルール

つなぐネットの防災マニュアル作成支援

当社では、マンションの立地条件や設備、居住者属性などを調査した上で、マンションオリジナルの防災マニュアルを作成します。様々なタイプのマンションで作成経験のある当社にお任せください。

防災マニュアル作成フロー

ご発注いただいた後、6か月から10か月ほどで完成します。
▼作成までの一般的な流れ
作成までの一般的な流れ

防災マニュアル作成費用

80万円より
※物件規模・棟数等により金額は異なります。詳細はお問い合わせください。

マニュアル完成イメージ(サンプル)

マニュアル完成イメージ(サンプル)

完成したマニュアルの運用

完成したマニュアルの運用マニュアルが完成した後は、ぜひマンションの防災訓練で安否確認ルールなどを実践してみましょう。机上で考えていたことも、実践してみるとうまく行かない場合があります。”試す”ことで改善点を”知り”、改善点をマニュアルに反映することでさらに”備える”。このサイクルを継続していくことが大変重要です。

つなぐネットの防災マニュアル作成支援サービス
つなぐネットコミュニケーションズでは、マンションの立地条件や設備、居住者属性など、マンション個別の状況にあわせた防災マニュアルの作成を支援します。完成した防災マニュアルに記載されたルールや防災備蓄品を実際に試用する防災訓練の企画、実施もサポートします。お気軽にご相談ください。
>「防災マニュアル」に関するお問合せ、お見積もり依頼はこちら


関連情報